季刊誌『考える人』の公式サイト「Webでも考える人」がオープン 株式会社はてな会長・近藤淳也と編集長・河野通和の対談掲載

ニュース

10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作家・村上春樹のロングインタビューを掲載するなど、毎号独自の特集を組んで話題を呼んできた『考える人』(新潮社)がよそおいを新たにするのと同時に、公式サイト「Webでも考える人」をオープンさせた。

 創刊から15年目を迎えた『考える人』は、本日(4月4日)発売の春号からリニューアルされ、定価を1440円から980円に値下げした。特集は「12人の、『考える人』たち。」と題し、女性として最年少で中原中也賞を受賞している詩人の最果タヒや「ハフィントン・ポスト」創設者のアリアナ・ハフィントン、豊島美術館の《母型》で注目を浴びる現代美術家・内藤礼、スマートニュースCEO・鈴木健、メディア・アクティビストの津田大介など、時代の先端で活躍する12人の思考を読み解く。

 公式サイト「Webでも考える人」では、高野秀行や与那原恵、岡ノ谷一夫、安田菜津紀などがWeb限定で連載していく。今後はエッセイから硬派なノンフィクションまでの多彩なラインナップを取り揃え、本誌と連動した企画も予定。また、開設記念として、今年2月に東証マザーズ上場を果たした、株式会社はてなの代表取締役会長・近藤淳也と編集長・河野通和による対談「これからの私たちが『考えたい』こと」が掲載されている。

Webでも考える人
『考える人』(新潮社)の公式サイト「Webでも考える人」

Webでも考える人
http://kangaeruhito.jp

Book Bang編集部
2016年4月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース