第155回芥川賞受賞作! 『コンビニ人間』の刊行を記念し、村田沙耶香さんのトークイベント&サイン会が開催!

イベント

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2003年、「授乳」が群像新人文学賞優秀作となりデビュー。以来、『しろいろの街の、その骨の体温の』『殺人出産』『消滅世界』など、既存の価値観をゆさぶる世界観を描いてきた村田沙耶香さん。

 このたび第155回芥川賞を受賞した『コンビニ人間』の刊行を記念し、トークイベント&サイン会を開催いたします。

■日時:2016年8月21日(日)
■会場:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
■参加方法:http://hon.bunshun.jp/articles/-/5064

村田沙耶香(むらた・さやか)
1979年千葉県生まれ。小説家。玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。2003年、「授乳」で第46回群像新人文学賞優秀作受賞。09年、『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞受賞。13年、『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。他の著書に『マウス』『殺人出産』『消滅世界』など。

文藝春秋 本の話WEB
2016年7月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

文藝春秋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社文藝春秋「本の話WEB」のご案内

文藝春秋が運営する、書籍と作家情報を紹介するサイトです。毎回話題の新刊を数多く取り上げ、インタビューや対談などで多角的に著者や作品のテーマに肉迫します。
他にも多彩な筆者による連載も掲載しています。

関連ニュース