山崎豊子さん命日「豊子忌」に

ニュース

27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

up_yamazaki01

『沈まぬ太陽』や『華麗なる一族』など、社会派小説の傑作を多数遺した作家、山崎豊子さんの命日が「豊子忌」と名付けられることになった。山崎豊子文化財団が発表した。

 山崎豊子さんが亡くなったのは、「週刊新潮」に連載された『約束の海』の第1部を完結したのちの2013年9月29日。「豊子忌」のネーミングは、没後3年を迎えるにあたり、山崎豊子さんの甥である定樹氏が中心となり、生前に秘書を務めた野上孝子さんや、生前交流の深かった新潮社、文藝春秋、毎日新聞社などの編集者らが協議して決まった。

IMG_2272「豊子忌」を発表した山崎定樹さん(右)、野上孝子さん(左)

「豊子忌」のほかに「船場忌」や「暖簾忌」など、山崎さんの初期の作品を思わせるネーミングも候補に挙がったが、わかりやすさや山崎さんが「直球勝負を好んだ」ことから、名前をそのまま使った「豊子忌」となった。没後3年にあたり、遺作となった『約束の海』の文庫版も発売された。

「文学忌」としては芥川龍之介の「河童忌」、三島由紀夫の「憂国忌」、司馬遼太郎の「菜の花忌」などが有名。

「豊子忌」には今後、講演会やイベントが行われる予定。今年は山崎さんの母校「相愛女学校」の後身である相愛大学にて、文藝春秋前社長で『大地の子』『運命の人』などを担当した編集者の平尾隆弘氏(神戸市外国語大学客員教授)の講演会が開かれる。
 http://www.nakanoshima-univ.com/seminar/article/p20160926

BookBang編集部

Book Bang編集部
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース