一流のオーラの正体は「気づかい」にあり――心をつかむコミュニケーションの秘訣とは

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.10.18_2
初対面でも魅了されてしまうオーラの正体とは? photo by acworks/photo AC

そこにいるだけで、特別な存在感を醸し出す人がいます。その人と接するとなぜか魅了され、初対面でも記憶に残る。あのオーラはいったいどこから出てくるのでしょうか。

「気づかいができる人は、信頼や尊敬、そして人望を集め、影響力を発揮しやすくなります」

こう語るのは、プレゼンス・コンサルタントの丸山ゆ利絵さん。企業経営者や幹部社員に「エグゼクティブ・プレゼンス」(社会的地位の高い人が持つべき雰囲気や態度)の身につけかたを教える丸山さんは、魅力的な存在感を発揮するためのポイントとして、「外見の印象」「対人コミュニケーション力」「自己認識」の3つをあげています。

なかでもコミュニケーションの力は、周囲の信頼を継続して得るためにもっとも重要なもの。そして、他人への配慮や尊重があらわれる「気づかい」こそ、一流の人が例外なく持つものだそうです。

丸山さんは最新の著書『「一流の存在感」がある人の気づかいのルール』の中で、社長秘書などの自身のキャリアのなかで出会った、特別なオーラを発する上司やエグゼクティブたちの言動を紹介しています。

「一流のオーラ」の秘訣をのぞいてみましょう。

相手をきちんと見る

丸山さんが以前働いていた会社のN部長。全体的にスマートな雰囲気の彼は、いつも忙しそうにパソコンに向かっています。しかし、部下が用事で声をかけると、どんなに目の前の仕事に集中していても「丸山さん、悪い。2分だけ待っていて」などとすぐに返答し、区切りがつくと「お待たせ」と言って立ち上がり、笑顔で相手に向き合うのだそうです。

このような上司は少数です。多くの人は、仕事中に部下から声をかけられても目と顔を相手に向けず、パソコンや書類を見たまま生返事をしていないでしょうか? それでは相手は話しかけにくく、ひいては報告や相談をしてこなくなります。

「部下がなかなか報告してこないな……」と思ったら、「相手をきちんと見る」ことを意識してみましょう。

身内を紹介するときには卑下しない

多くの人は取引先に部下を紹介するとき、「まだまだ勉強中の身ですが」「半人前ですが」と、けなし気味に紹介します。妻を「愚妻」と第三者に紹介する日本人的な謙虚さのあらわれなのですが、欧米のエグゼクティブはそうした習慣を奇異に感じます。彼らは大げさなくらい、身内をほめて紹介します。そしてそれは、日本人でも名経営者と呼ばれるような人たちも同じなのです。

日本実業出版社
2016年10月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

日本実業出版社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日本実業出版社のご案内

ビジネス書、教養書、実用書を中心とした書籍を出版している日本実業出版社の公式サイト。新刊情報を中心に、読者のみなさまに役立つ本の情報をお届けします。また著者インタビューやイベントレポートなど、書籍にまつわるここだけの話を特集・記事にてお読みいただけます。

関連ニュース