前野健太×窪美澄「性を書くこと・裸になること」

イベント

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シンガーソングライターの前野健太さんと、作家の窪美澄さんによる、初顔合わせとなるトークがラカグで開催されます。

 前野健太さんは、その詩と音楽の世界に多くのファンを持つ音楽家。さらに、小説執筆を手掛けたり、ドキュメンタリー映画「ライブテープ」(松江哲明監督・第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」作品賞)に出演するなど、幅広い活躍で知られています。

 そんな前野さんが、12/10公開の映画「変態だ」で、不倫バンドマン役として劇映画初主演を務めることに。この映画は、企画・みうらじゅんさん、監督・安齋肇さんという強力コラボレーションで製作される、ロック&ポルノ青春映画。前野さんは、音楽も担当します。

 一方の窪美澄さんは、第24回山本周五郎賞を受賞した衝撃のデビュー作『ふがいない僕は空を見た』以来、“性”について目を背けずに描き続けてきた作家。最新刊の文庫『よるのふくらみ』は、幼なじみの兄弟に愛された女の三角関係を描いた、官能と切なさが溶け合う恋愛小説です。

 お二人には、作家、音楽家、俳優、それぞれの立場から、“性”を表現することの困難さ、楽しさ、奥深さなどを語り合っていただきます。タブー無き一夜限りのトークに、ぜひお集まりください。

※トーク終了後に、会場で前野健太さんの「今の時代が一番いいよ」と、窪美澄さんの『よるのふくらみ』を対象としたサイン会を開催いたします。CDや書籍は当日会場でも販売いたします。なお、時間の都合上、サインは前野さんと窪さんそれぞれにお1人様1冊(1枚)ずつとさせていただきます。
※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前です。

■日時:2016年11月18日(金)19:00~
■会場:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko
■参加方法:http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01fwk0yh0ym1.html

前野健太(まえの・けんた)
1979年埼玉県生まれ。シンガーソングライター。2007年に自ら立ち上げたレーベル”romance records”より『ロマンスカー』をリリースしデビュー。他のアルバムに『ファックミー』『オレらは肉の歩く朝』『ハッピーランチ』『今の時代がいちばんいいよ』などがある。映画出演に、ライブドキュメント映画『ライブテープ』、『トーキョードリフター』があり、最新作『変態だ』は12月公開予定。2015年には雑誌「Number Do」に処女小説「いびきが月に届くまで」を発表。月刊誌「すばる」でエッセイも連載中。

窪美澄(くぼ・みすみ)
1965年東京生まれ。フリーの編集ライターを経て、2009年「ミクマリ」で女による女のためのR-18文学賞大賞を受賞し作家デビュー。受賞作を所収した『ふがいない僕は空を見た』が、本の雑誌が選ぶ2010年度ベスト10第1位、2011年本屋大賞第2位に選ばれる。また同年、同書で山本周五郎賞を受賞。2012年、第2作『晴天の迷いクジラ』で山田風太郎賞を受賞。その他の著作に『クラウドクラスターを愛する方法』『アニバーサリー』『雨のなまえ』『よるのふくらみ』『水やりはいつも深夜だけど』『さよなら、ニルヴァーナ』『アカガミ』『すみなれたからだで』がある。

2016年10月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース