『幻庵』刊行記念 百田尚樹さんサイン会

イベント

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「幕末の棋士、幻庵因碩(げんなんいんせき)を書きたい。小説家になったときから、ずっとそう思っていました」

『永遠の0』のデビューから10年、『海賊とよばれた男』から4年、百田尚樹氏が満を持して書き上げた最新長編小説『幻庵』の刊行を記念して、サイン会を開催します。

「週刊文春」連載時より大反響をよんだ傑作です。ふるってご参加下さい。

■日時:2017年1月23日(月)19:00~(整列開始18:45)
■会場:三省堂書店有楽町店 2F特設会場
■定員:100名
■対象書籍:『幻庵(上巻)』
■参加方法:http://hon.bunshun.jp/articles/-/5498

著者プロフィール

百田尚樹
1956年生まれ。同志社大学中退。放送作家として人気テレビ番組「探偵!ナイトスクープ」などを構成。2006年『永遠の0』で小説家デビュー。13年『海賊とよばれた男』で第10回本屋大賞受賞。他の著書に『ボックス!』『風の中のマリア』『影法師』『錨を上げよ』『夢を売る男』『カエルの楽園』『至高の音楽』『大放言』『鋼のメンタル』『雑談力』などがある。

文藝春秋 本の話WEB
2016年12月31日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

文藝春秋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社文藝春秋「本の話WEB」のご案内

文藝春秋が運営する、書籍と作家情報を紹介するサイトです。毎回話題の新刊を数多く取り上げ、インタビューや対談などで多角的に著者や作品のテーマに肉迫します。
他にも多彩な筆者による連載も掲載しています。

関連ニュース