密室蒐集家 [著]大山誠一郎

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

密室蒐集家

『密室蒐集家』

著者
大山 誠一郎 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784167904883
発売日
2015/11/10
価格
713円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

密室蒐集家 [著]大山誠一郎

[レビュアー] 若林踏(書評家)

 衆人環視の家の中で死んだ二人の少年少女。密閉状態の部屋で鍵を飲み込んだまま殺された男。警察には解明できない不可解な密室事件が起きた時、必ず現れるひとりの男がいた。卓越した推理力で密室の謎を解き明かし、事件解決後には煙のように消えうせる不思議な男は、自らを“密室蒐集家”と名乗っていた。

 第十三回本格ミステリ大賞に輝く、密室だらけの連作短編集。多彩なバリエーションの密室トリックはもちろんのこと、アクロバティックな解決場面も本書の見どころだ。犯人がわざわざ密室を作った理由をめぐり、ひねくれた推理が連発する「理由ありの密室」が特に素晴らしい。

新潮社 週刊新潮
2015年11月19日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加