【児童書】『おんがくたいくまちゃん』

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おんがくたいくまちゃん

『おんがくたいくまちゃん』

著者
シャーリー・パレントー [著]/デイヴィッド・ウォーカー [イラスト]/福本友美子 [訳]
出版社
岩崎書店
ジャンル
文学/外国文学、その他
ISBN
9784265850907
発売日
2015/10/22
価格
1,188円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『おんがくたいくまちゃん』

[レビュアー] 池田美緒

■みんな力を合わせて

 とにかく登場する5頭のくまちゃんがかわいらしい。表紙のピンクや黄色、水玉模様のくまちゃんがシンバルや鈴を持ってはしゃぐ様子に、思わず頬が緩んでしまう。やわらかな色合いで、見ているだけで優しい気持ちになる。

 銀の鈴、赤い太鼓、金のラッパ、大きなシンバル。4つの楽器を見つけたくまちゃんたちは大喜びで思い思いに音を鳴らす。「ぷかたんぷかたんりりりんじゃーん!」。隣の部屋で寝ていた茶色いくまちゃんはあまりの大きさにびっくり。「こんなのだめだよ」。おたまを手に、大きく揺らしたり小さく揺らしたりと、指揮者を買って出る-。一生懸命演奏するくまちゃんの姿が愛らしく、擬音もコミカルで、絵本から音楽が聞こえてくるようだ。

 それぞれの楽器は素晴らしくても、好き勝手に演奏してはやかましいばかりで、良い音楽はできない。力を合わせること、息を合わせて一つのものを作ることの大切さや楽しさ、素晴らしさを教えてくれる。(シャーリー・パレントー文/デイヴィッド・ウォーカー絵/福本友美子訳 岩崎書店・1100円+税)

 池田美緒

産経新聞
2015年11月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加