【聞きたい。】有川浩さん 『だれもが知ってる小さな国』 佐藤さとるさんのコロボックル物語を受け継ぐ

インタビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だれもが知ってる小さな国

『だれもが知ってる小さな国』

著者
有川 浩 [著]/村上 勉 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062197977
発売日
2015/10/28
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【聞きたい。】有川浩さん 『だれもが知ってる小さな国』 佐藤さとるさんのコロボックル物語を受け継ぐ

[レビュアー] 塩塚夢

有川浩
インタビューに応じる作家の有川浩さん

 佐藤さとるさん(87)が生み出した児童文学の名作「コロボックル物語」を受け継いだ。「コロボックルを、時の流れの中に置き去りにしてはならない。平成の子供たちにも平成のコロボックルに会ってほしい、という思いでバトンを受け取りました」

 きっかけは平成23年の対談。「いつか誰かに書いてほしい。そのためにオープンエンドにしてあった。有川さん、書いてみない?」。佐藤さんのそんな一言から、再び物語が動き出す。シリーズ最終巻刊行から27年。「強く意識したのは『ただの2次創作であってはいけない』ということ。コロボックル物語でありながらも、有川浩の世界でなければならない、と」

 その言葉通り、物語の世界観を受け継ぎつつ、“いま”がいきいきと躍動している。ある日、コロボックルたちの国を脅かす危機が訪れる。養蜂家の子供であるヒコとヒメは、コロボックルを守るために…。

 「佐藤版では道路の拡張によって山がつぶされる、という高度経済成長期を背景にした危機でした。じゃあ今の危機ってなんだろう、と考えたとき、『情報』というキーワードが浮かんできました」

 自身も幼い頃からコロボックルに夢中だった。「コロボックルが来てくれるかも、と枕元にミルクを置いて寝ていたぐらい」。自身も愛し、時代を超えて愛されてきた物語を引き継ぐというプレッシャーについては、「物語って、自分が書いていても、自分のものではないんです。物語が欲するところに進むだけ。作者ができるのは、その声に耳を傾け、物語に尽くすことです。佐藤さんも物語に尽くされる方だと思うし、もし私が受け継ぐ素質があるとしたら、そういう部分なのかなと思います」。

 書き継ぐことを決めたとき、真っ先に思ったことがあったという。「私が死ぬまでに次の人を見つけたらいいんですね、と」(講談社・1400円+税)(塩塚夢)

【プロフィル】有川浩

 ありかわ・ひろ 昭和47年、高知県生まれ。「図書館戦争」シリーズや『阪急電車』『空飛ぶ広報室』『三匹のおっさん』『旅猫リポート』など著書多数。

産経新聞
2015年11月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加