『里山産業論 「食の戦略」が六次産業を超える』金丸弘美著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

里山産業論  「食の戦略」が六次産業を超える

『里山産業論 「食の戦略」が六次産業を超える』

著者
金丸 弘美 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
社会科学/経済・財政・統計
ISBN
9784040820446
発売日
2015/12/08
価格
864円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『里山産業論 「食の戦略」が六次産業を超える』金丸弘美著

[レビュアー] 産経新聞社

 「地方創生」に立ちふさがる数々の障壁を列挙する第1章の分析は手厳しい。食環境ジャーナリストとして全国各地の現場を歩いてきた著者が「根強い誤解と失敗」を指摘する。たとえば〈農業は農地を集約して効率化をすると儲かるというが、実際は、そうはならない〉。小さい農地で多種多様なものをニーズを考えて栽培するほうが付加価値が高いという事例がたくさんあるという。PR不足、人材難、平等の弊害、ニーズ無視…そんな厳しい現況を乗り越えようとする取り組みの実例を示しつつ、健康な未来を次世代に手渡すための「食の戦略」を説く。(角川新書・800円+税)

産経新聞
2015年12月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加