イラストレーション別冊『柳原良平の仕事』 柳原良平著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柳原良平の仕事

『柳原良平の仕事』

著者
柳原良平 [著、イラスト]
出版社
玄光社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784768306826
発売日
2015/12/12
価格
2,160円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

イラストレーション別冊『柳原良平の仕事』 柳原良平著

[レビュアー] 読売新聞社

 柳原良平さんといえば、作家の山口瞳さんと組んだ仕事が印象深い。

 中でも楽しみだったのが、成人の日(かつては1月15日だった)の新聞に載っていたサントリーの広告。新成人を激励する頑固でいて温かい山口さんの文章に、シンプルで大胆な構図の柳原さんの絵が寄り添っていた。

 その広告も含む900点以上の図版によって、昨年8月17日、84歳の誕生日に逝った画家の仕事を振り返ったのが本書。「トリスを飲んでHawaiiへ行こう!」のキャッチフレーズでおなじみのキャラクター「アンクル・トリス」生みの親だったことはもとより、本の装丁=写真=、新聞連載の四コマ漫画、幼い頃から憧れた船の絵画や、船舶に関する著作など、実に多彩な仕事を手がけていたことがわかる。

 作品の向こうには「昭和」の庶民生活と夢見ていた未来が、きらきら揺れている。(玄光社MOOK、2000円)(則)

読売新聞
2016年1月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加