【児童書】『わたしのいえ』カーソン・エリス作、木坂涼訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしのいえ

『わたしのいえ』

著者
カーソン・エリス [著、イラスト]/木坂 涼 [訳]
出版社
偕成社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784033483207
発売日
2016/01/06
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『わたしのいえ』カーソン・エリス作、木坂涼訳

[レビュアー] 永井優子

■さまざまな暮らしを思う

 ずいぶんと以前、土産で小さな陶器製の家をもらった。オランダの飛行機に乗ったらくれたのだという。くすんだ白地に青い窓と屋根。アムステルダムの運河沿いには、こんなのっぽな家が並んでいるのかしら。空を飛んでやってきた家は、見知らぬ国の暮らしを思わせてくれた。

 家の形はさまざま。この本には、いろいろな人や生き物が暮らす家が、静かに描かれている。スロバキアの伯爵夫人、ケニアの鍛冶屋、ロシアのおばあちゃん-。月に住む人の家や、お話の中の靴の家も出てくる。自由に羽ばたく鳥が、世界を案内してくれる。

 米国オレゴン州の農場に暮らす女性作家が、絵と文を手掛けた。抑えた色味に、シックな赤が美しい。どの家も棚に飾っておきたくなるようなかわいさ。絵を描く人の家というのは、作者自身の身辺だろうか。

 人間は弱い。布で体を包み、雨露をしのぐ屋根に守られ、支え合って生きている。この屋根の下、幸せだと思える人が世界じゅうにたくさん増えますように。(偕成社・1800円+税)

産経新聞
2016年1月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加