『レプリカたちの夜』一條次郎著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レプリカたちの夜

『レプリカたちの夜』

著者
一條 次郎 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784103398714
発売日
2016/01/22
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『レプリカたちの夜』一條次郎著

[レビュアー] 産経新聞社

 動物のレプリカ(複製)を製造している工場で働く往本は、ある日、社内でシロクマにでくわす。精巧にできた原寸大の製品だと思ったのだが、それなら動くはずがない。あわてて逃げたけれど、工場長に呼ばれて、シロクマについて調べるように指示される。ところが調査を進めるうち、自分自身を目撃してしまう。〈おかしい。なぜおれがもうひとりいるんだ。あれはだれだ〉

 なにが現実なのか。レプリカとは何なのか。おれは正気なのか。ついには物語世界すら溶けだして読み手を翻弄。ポップで型破りな新潮ミステリー大賞受賞作。(新潮社・1400円+税)

産経新聞
2016年1月31日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加