夜中の電話 父・井上ひさし 最後の言葉 [著]井上麻矢

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜中の電話 父・井上ひさし 最後の言葉

『夜中の電話 父・井上ひさし 最後の言葉』

著者
井上 麻矢 [著]
出版社
集英社インターナショナル
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784797673067
発売日
2015/11/26
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

夜中の電話 父・井上ひさし 最後の言葉 [著]井上麻矢

[レビュアー] 週刊新潮

 著者がこまつ座の社長に就任したのは2009年秋。井上ひさしが、がんの告知を受けた頃だ。残された時間の中で、父は娘に演劇と劇団について語り続ける。「どんな仕事も一個一個片づけていけばいい」をはじめ、収められた77の言葉は知恵と愛情に満ちている。

新潮社 週刊新潮
2016年2月11日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加