『「日本型学校主義」を超えて』戸田忠雄著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本型学校主義」を超えて

『「日本型学校主義」を超えて』

著者
戸田 忠雄 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
社会科学/教育
ISBN
9784480016317
発売日
2015/12/14
価格
1,836円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『「日本型学校主義」を超えて』戸田忠雄著

[レビュアー] 産経新聞社

 大学入試、英語力アップ、いじめ対策…。矢継ぎ早に打ち出される「教育改革」だが、場当たり感は否めず、成果も見えにくい。

 学校現場の表も裏も知り尽くす元高校教師の著者は、改革を阻む壁を「日本型学校主義」と呼び、その体質を〈与える教育〉〈教師本位〉〈集団的一斉主義〉の3要素に分解する。教育委員会は「開かれた学校」を掲げるものの、内申書支配のもと子供を“人質”に取られた保護者側は本音を封印せざるを得ない。提示される処方箋は、生徒・保護者による匿名での学校評価制度。「教室のセンセイ君主」に必要なのは口に苦い良薬だ。(筑摩選書・1700円+税)

産経新聞
2016年2月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加