『蚕 絹糸を吐く虫と日本人』畑中章宏著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蚕

『蚕』

著者
畑中章宏 [著]
出版社
晶文社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784794968999
発売日
2015/12/11
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『蚕 絹糸を吐く虫と日本人』畑中章宏著

[レビュアー] 産経新聞社

 〈明治時代から昭和の初めまでの短いあいだ、蚕と日本人の関係は驚くほど濃密なものだった〉。世界遺産の「富岡製糸場と絹産業遺産群」は養蚕業の輝かしい達成だろう(とくに経済的に)。でもそれは養蚕史の一面にすぎない。著者は民俗学的手法で分析を試みる。記紀の時代までさかのぼって資料を調べ、蚕に関わりのある神仏を訪ね歩き、東日本一円の生糸が運ばれた「絹の道(シルクロード)」をたどる。伝承されてきた民間信仰や芸能の表情から、「お蚕さま」が人々にとってどういう存在だったのかに迫っていく。蚕という鏡に映し出される日本文化の姿とは-。(晶文社・1800円+税)

産経新聞
2016年2月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加