【写真集】『空鉄今昔 昭和から平成へ 空から見る鉄道変遷』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空鉄今昔 昭和から平成へ 空から見る鉄道変遷

『空鉄今昔 昭和から平成へ 空から見る鉄道変遷』

著者
吉永 陽一 [写真]/花井 健朗 [写真]
出版社
講談社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784062199049
発売日
2016/01/22
価格
2,160円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【写真集】『空鉄今昔 昭和から平成へ 空から見る鉄道変遷』

[レビュアー] 産経新聞社

■時空を超えた光景

 軽飛行機やヘリコプターで空から走行車両や駅周辺などを撮影する「空鉄(そらてつ)」。すでに空鉄写真集2冊を上梓(じょうし)している吉永氏と、かつて氏に影響を与えた鉄道雑誌の空撮連載撮影者、花井氏が初タッグを組んだ。

 全国の車両基地、駅、走行シーンなど約30年前と、近年の作品を対比するなどした「空鉄のバック・トゥ・ザ・フューチャー」だ。たとえば神奈川県鎌倉市の「JR東日本 大船工場」。車両を解体していた工場そのものが解体されてしまった。再開発による東京・田町、札幌、名古屋の変貌も目を見張る。斬新なアングル、時空を超えた光景に鉄道ファンならずとも引き込まれるだろう。(吉永陽一、花井健朗/講談社・2000円+税)

産経新聞
2016年2月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加