【児童書】『だっこ だっこ』マリカ・ドレ作、青山花訳

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だっこだっこ

『だっこだっこ』

著者
マリカ・ドレ [著]/青山花 [訳]
出版社
クレヨンハウス
ISBN
9784861013188
発売日
2016/01/26
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『だっこ だっこ』マリカ・ドレ作、青山花訳

[レビュアー] 村島有紀

■する側にも穏やかな時間

 「ママ、だっこして!」。この言葉を何度聞き「重いなあ」と、ため息をつきながら抱き上げたことだろう。

 「だっこ だっこ」が繰り返される赤ちゃん向き絵本。お母さんと離れてひとりでお出掛けした子ウサギが、クマやキツネなどいろいろな大人の動物にだっこされる。バイバイの前も転んだ後も…。迎えに来てくれたのはお父さんかな?

 パリ在住の作家による太い黒の曲線を使ったシンプルな絵柄。千代紙を貼り付けた服のデザインが斬新だ。背景が真っ白なのはお出掛け先の景色を、読者の想像に委ねるため。動物たちのユーモラスな表情を眺めているだけで自然と笑顔になる。

 子供が大きくなり抱っこをせがまれることがなくなった今、「だっこ」は優しさと幸せをもたらす魔法の言葉だったと気付く。うれしいときも悲しいときも大抵の子供は「だっこ」されれば満足だ。そして、する側にも穏やかで甘やかな時間が訪れたのだった。改めて、ありがとう-。(クレヨンハウス・1400円+税)

 村島有紀

産経新聞
2016年2月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加