『もう迷わなくなる最良の選択』 アルボムッレ・スマナサーラ著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう迷わなくなる最良の選択

『もう迷わなくなる最良の選択』

著者
アルボムッレ・スマナサーラ [著]
出版社
誠文堂新光社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784416715833
発売日
2015/12/02
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『もう迷わなくなる最良の選択』 アルボムッレ・スマナサーラ著

[レビュアー] 柳川範之(経済学者・東京大学教授)

 大体において人生は迷ってばかりだ。そんな中では、後悔しない決断思考の磨き方というサブタイトルは、とても魅力的。

 著者はスリランカ上座仏教長老とのことだが、仏教の解説本ではなく、選択をする際の思考法が書かれている。

 評者にとって特に興味深かったのは、本書で書かれていることと、経営学修士(MBA)等で教えられる経済学の基本的な考え方とが、極めて似通っている点だ。たとえば、捨てた選択に悩まない、選ばなかった道のことは忘れなさい、というアドバイスは、極めて経済学的な発想にみえる。つまりは、そこに共通した真理があるということなのかもしれない。

 本書には、練習、レッスンという言葉がしばしば出てくる。決断思考を身に着けるには、練習が有効ということなのだろう。小気味よい断定的な文章は、確かに、と思わせる説得力をもっている。

 選択を大げさに考えるべきではない。「この選択が人生を左右する」ことはまずないというメッセージは、悩んだり迷ったりしている人に勇気を与えてくれるだろう。(誠文堂新光社、1300円)

読売新聞
2016年2月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加