『ダーウィンの覗き穴』 メノ・スヒルトハウゼン著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダーウィンの覗き穴

『ダーウィンの覗き穴』

著者
メノ・スヒルトハウゼン [著]/田沢 恭子 [訳]
出版社
早川書房
ジャンル
自然科学/生物学
ISBN
9784152095961
発売日
2016/01/22
価格
2,160円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ダーウィンの覗き穴』 メノ・スヒルトハウゼン著

[レビュアー] 柴田文隆(読売新聞社編集委員)

 生殖器に小さなスプーンが付いていて、先客の精子を掻(か)き出してしまうカワトンボのオス。生殖器ではなく、顎を使って精子を送り込むコシボソダニ。相手の腹部に針のような触肢を突き刺して直接精子を注入するクモ……。

 あらゆる種の多様な行為、複雑な生殖器に関する知見がこれでもかこれでもかと紹介されていて、比較生殖器学の学術書かと思うほど濃厚な1冊だ。地球生命の「進化工場」の工場長は、一体どんなつもりでこれほどきてれつな製品をせっせと出荷し続けてきたのだろう。自然の奥深さ、人間の想像力の貧しさを思い、ぼう然とする。

 研究者の奮闘ぶりにも驚かされる。交尾中のペアを瞬間冷凍し交尾器を解剖したクモ学者。太古の甲虫の0・4ミリのペニスをCTスキャンで撮影に成功した昆虫学者。ヒトのオスの靴サイズと生殖器長の相関関係解明に挑んだ泌尿器科医。学問は尊い。

 著者はオランダ・ライデン大学教授。語り口は柔らかく、たくまざるユーモアも楽しいが、下心だけで読み切れる本ではない。読者となるには覚悟がいる。田沢恭子訳。

 早川書房 2000円

 

 

読売新聞
2016年2月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加