『火打箱』 サリー・ガードナー著、デイヴィッド・ロバーツ絵

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火打箱

『火打箱』

著者
サリー・ガードナー [著]/デイヴィッド・ロバーツ [イラスト]/山田順子 [訳]
出版社
東京創元社
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784488010522
発売日
2015/11/28
価格
2,592円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『火打箱』 サリー・ガードナー著、デイヴィッド・ロバーツ絵

[レビュアー] 宮部みゆき(作家)

 本書はアンデルセンの同名作品を土台にしたダークファンタジーだ。

 主人公はうち続く戦いに疲れ果てた若い兵士オットー・フントビス。彼が出会うのは死者の靴を集めている半人半獣の死神、首を吊(つ)られた人間の皮膚でこしらえたベルトを使って変身する狼(おおかみ)男、ナイフのような爪を持った謎の貴婦人、そして男装の美少女サファイヤー。タイトルの火打箱は、火打石や鋼を入れた黒い漆塗りの小箱で、この怪異に満ちた物語のキーアイテムである。

 死神の予言どおりにサファイヤーと恋に落ち、「自分の王国を手に入れる」オットーの運命や如何(いか)に。全篇(ぜんぺん)を彩る豊富な挿絵は、『モンタギューおじさんの怖い話』等で大人のホラーファンも欣喜(きんき)・震撼(しんかん)させたデイヴィッド・ロバーツの手になるもの。モノトーンのなかに、まれに現れる真紅の何と禍々(まがまが)しく美しいことよ! 山田順子訳。

 東京創元社 2400円

 

 

読売新聞
2016年2月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加