『アートの入り口』河内タカ著

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アートの入り口』河内タカ著

[レビュアー] 産経新聞社

 アメリカで美術を学び、現代アートと写真に関する仕事をしている著者が、これまでに接した作品や企画した展覧会、出会ったアーティストたちについてつづるエッセー集。アンディ・ウォーホル、パティ・スミス、ウィリアム・クライン、エドワード・ホッパー…著名なアーティストが次々に登場するが、美術史をたどるような専門的な記述ではなく〈好きなアーティストや写真家たちのことを、ごく個人的な思い入れに則(のっと)って書いている〉。平易な言葉が使われているから、予備知識がなくても気楽に読み進められる。図版がカラーなのもうれしい。(太田出版・1800円+税)

産経新聞
2016年3月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加