渕書店 BOOKSTORE FUCHI「テレビを観るように肩の力を抜いて読めます。」【書店員レビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白日の鴉

『白日の鴉』

著者
福澤徹三 [著]
出版社
光文社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784334910587
発売日
2015/11/17
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

渕書店 BOOKSTORE FUCHI「テレビを観るように肩の力を抜いて読めます。」【書店員レビュー】

[レビュアー] 渕書店 BOOKSTORE FUCHI(書店員)

自分は男性なのでその恐怖を想像するのがむずかしいのですが、女性にとって電車の痴漢というのは相当恐ろしいものであるらしい。が、本書ではそれが逆転してしまう。つまり、痴漢に登場人物は間違えられるのだ。つまり、冤罪。99.98%有罪になる確率。空恐ろしい。しかもそれが背後に黒幕のある仕組まれたものであったら・・・。そんな感じです。いわば2時間ドラマのようなノリもあるのですが、それだけ安心して楽しめる娯楽作品ということだと思う。警察、交番、留置所、拘置所、弁護士、検察、裁判官・・・一般人があまり縁のない職や場所が描かれているのも興味深かった。

トーハン e-hon
2016年3月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加