【今週の労務書】『脚本で学ぶ実務的すぎる裏話付き個別労働紛争あっせん制度』

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脚本で学ぶ実務的すぎる裏話付き個別労働紛争あっせん制度

『脚本で学ぶ実務的すぎる裏話付き個別労働紛争あっせん制度』

著者
安藤 政明 [著]
出版社
花乱社
ジャンル
社会科学/社会科学総記
ISBN
9784905327509
発売日
2015/11/10
価格
2,160円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【今週の労務書】『脚本で学ぶ実務的すぎる裏話付き個別労働紛争あっせん制度』

[レビュアー] 労働新聞社

実務的な裏話も満載

 手軽で迅速、負担も少ないのに一般の認知度が低い―と“あっせん制度”の普及に向け、福岡県在住の特定社労士である筆者がまとめたのが本書。

 筆者主宰の士業団体「リスク法務実務研究会」が実施した演劇の脚本をほぼそのまま掲載しており、台詞を通し制度の大まかな内容が理解できる。

 見開きの左頁でブラックなラーメン屋を舞台にストーリーが進行、右頁で脚本の台詞を抽出し解説や関連事項の説明を加えた。店主が女性店員にパワハラ・不払い残業・解雇で紛争勃発、和解なるかと手に汗握る展開。

 本書の後半は制度の解説書。あっせんの申立て・被申立て双方の進め方・対応方法等も詳述。

 脚本を下敷きに実際に上演を考えるも良し、労務担当者にとっても参考になる一冊。

(安藤政明著、花乱社刊、TEL092-781-7555、2000円+税)

労働新聞
平成27年11月23日第3042号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加