[紀伊國屋じんぶん大賞2016 第13位]不穏なるものたちの存在論――人間ですらないもの、卑しいもの、取るに足らないものたちの価値と意味[レビュアー]伊藤隆弘

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不穏なるものたちの存在論

『不穏なるものたちの存在論』

著者
影本 剛 [訳]/李 珍景 [著]
出版社
インパクト出版会
ISBN
9784755402531
価格
3,024円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

不穏なるものたちの存在論――人間ですらないもの、卑しいもの、取るに足らないものたちの価値と意味

[レビュアー] 伊藤隆弘(紀伊國屋書店・新宿本店)

あらゆる例外的な存在は目に入らない。そうした不可視たる不穏なものたちについて、本書は語ります。本書を読むことは、不穏性を踏み越えることであり、それは抑圧や絶望と手を切ることでもあります。不可視で不穏な連帯の書。

[↓]紀伊國屋じんぶん大賞2016の全ラインアップは公式サイトで!
kinojinbun2016

紀伊國屋書店
2016年2月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

紀伊國屋書店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加