[紀伊國屋じんぶん大賞2016 選考委員、この一冊!]宗教と政治の転轍点-保守合同と政教一致の宗教社会学[レビュアー]四井志郎

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宗教と政治の転轍点

『宗教と政治の転轍点』

著者
塚田穂高 [著]
出版社
花伝社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/宗教
ISBN
9784763407313
発売日
2015/04/07
価格
3,780円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

宗教と政治の転轍点-保守合同と政教一致の宗教社会学

[レビュアー] 四井志郎(紀伊國屋書店・ブランド事業推進部)

政治と宗教の交わりは公明党や幸福実現党だけではない。現政権を支持し今や一定の民意と同期するに至った保守合同運動=日本会議をはじめとする事例を検証し、宗教がナショナリズムを備えて政治に関わろうとする機序を解き明かす。

[↓]紀伊國屋じんぶん大賞2016の全ラインアップは公式サイトで!
kinojinbun2016

紀伊國屋書店
2016年2月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

紀伊國屋書店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加