『大人になるためのリベラルアーツ』 石井洋二郎・藤垣裕子著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大人になるためのリベラルアーツ

『大人になるためのリベラルアーツ』

著者
石井 洋二郎 [著]/藤垣 裕子 [著]
出版社
東京大学出版会
ジャンル
総記/総記
ISBN
9784130033480
発売日
2016/02/26
価格
3,132円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『大人になるためのリベラルアーツ』 石井洋二郎・藤垣裕子著

[レビュアー] 清水克行(日本史学者・明治大教授)

 かつて大学の「パンキョー」(一般教養教育)は、つまらない授業の代名詞であった。「広く浅く」、専門課程に進む前の1~2年生がイヤイヤ受けさせられるのが、教養教育とされていた。

 ところが、社会の複雑化、大学の大衆化をうけて、ここ10年で大学での教養教育の重要性が見直されるようになっている。なら、いっそ教養教育と専門教育をひっくり返して、専門教育を終えた後の学生に教養教育を施してはどうか?という逆転の発想から生まれたのが、東京大学の「後期教養教育」である。

 理系・文系問わず、多様な専門分野を習得した学生たちが集まり、「あなたの専門分野は震災に対して何ができますか」「感動した芸術作品の具体例をあげ、その理由を他者に共有可能な言葉で説明しなさい」などの課題をめぐって討議が交わされる。本書はその討議録であり、授業実践の記録である。彼らは一連の議論を経て、自分自身の専門性を他者に向かって開いてゆく方法と視座を学んでいく。そこには閉塞する大学教育の現状を打破する一つの可能性があるように思える。

 東京大学出版会 2900円

読売新聞
2016年4月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加