『仏像再興 仏像修復をめぐる日々』牧野隆夫著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏像再興 : 仏像修復をめぐる日々

『仏像再興 : 仏像修復をめぐる日々』

著者
牧野 隆夫 [著]
出版社
山と溪谷社
ISBN
9784635330671
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『仏像再興 仏像修復をめぐる日々』牧野隆夫著

[レビュアー] 産経新聞社

 仏像ブームといわれて多くの人が考えるのは、京都・奈良の有名寺院や博物館で鑑賞する仏たちだろう。だが、全国各地には数百万体もの無名の仏像がいるという。

 著者は「仏像の町医者」たる修復家。国宝、重文のような公的支援も差し伸べられず、損壊したまま地方の寺に残る仏像の修復に、30年以上にわたり取り組み、後進の指導にも当たってきた。

 昔の人が「再興」と呼んだ仏像修復。過去の痕跡を読み解き、未来に伝える形を選択する行為であるとともに、修理が人の気持ちを結集し「良好な人的保存環境」を築く重要な機会であることも分かる。(山と渓谷社・1800円+税)

産経新聞
2016年4月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加