『国士舘物語』栗山圭介著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国士舘物語

『国士舘物語』

著者
栗山 圭介 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062199827
発売日
2016/03/16
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『国士舘物語』栗山圭介著

[レビュアー] 産経新聞社

 尾崎豊の歌詞を地でいくかのような、昭和時代を感じさせるバンカラ小説だ。<国士舘大学体育学部体育学科。僕の、特別すぎる四年間が幕をあけた>。全国各地から集まってきた“ワル”。1年の頃は目が合えば殴り合っていたのが、いつしか互いの苦悩を理解し合ってまとまり、生活指導の主事のため学部内競技会で優勝を追い求める。体罰や行きすぎた上下関係を描きながらも読後感はさわやか。登場人物がみな人間臭く、もがき苦しみながら成長する姿が温かく描かれているからだろう。誰もが胸に抱える若かったころの話。懐かしさを覚え、一気に読破できる。(講談社・1600円+税)

産経新聞
2016年4月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加