『江戸の糞尿学』 永井義男著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸の糞尿学

『江戸の糞尿学』

著者
永井義男 [著]
出版社
作品社
ジャンル
歴史・地理/日本歴史
ISBN
9784861825552
発売日
2016/01/29
価格
2,592円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『江戸の糞尿学』 永井義男著

[レビュアー] 高野ムツオ(俳人)

自然の循環システム

 かつてはどの家の便所にも便槽があり、田畑には肥溜(こえだめ)があった。糞尿(ふんにょう)の姿や匂いは近年まで実に身近だったのである。しかし、水洗トイレの発達普及によって自分の排泄(はいせつ)物さえ、あっという間に目前から消える時代となった。

 だが、その不潔と嫌われる糞尿は下肥として戦後まもなくまで都市を中心に売買されていたのである。しかも江戸期から明治初期まで、田畑に利用する農民側が対価を払っていた。江戸中期の江戸では、汲(く)み取り、輸送、販売が組織化され専業化されていたのだそうだから驚く。

 本書は、江戸を中心に、排泄や糞尿利用のあり方、それにまつわる風俗、エピソードなどを紹介したものである。滝沢馬琴の日記を中心に、山東京伝から徳冨蘆花(ろか)、さらにはフロイス、シーボルト等々、多くの当時の日記や資料をふんだんに用いて解説している。さらには浮世絵、図絵、表、コラムなどがこれも多彩に挿入されているので実にわかりやすく面白い。

 糞尿は人間のみならず生物共通の生理の結果である。それは自然循環によって処理されてきた。その循環が破綻するのは都市化という人間の営みにあった。中世ヨーロッパの都市では糞尿はいたるところに溢(あふ)れて不潔極まりなかったという。江戸では糞尿利用という循環利用システムが、その弊害から救ったことになるわけだ。

 著者は不要物として処理されるのみの現代の糞尿の実態を踏まえて、有効な資源として利用できないかと期待を語っている。頷(うなず)きながらも、見たくないものは見えないように、触りたくないものは触らないようにという物の考え方にもっと大きな問題があるのではないかとも思った。確かに、快適に生きるにやむを得ない手段である。しかし、何か大切なものを失うことに繋(つな)がっているのではないか。これは糞尿に限らない。人間の生存活動全てにいえることだ。

◇ながい・よしお=1949年、福岡市生まれ。小説家、江戸文化評論家。『算学奇人伝』で開高健賞。

 作品社 2400円

読売新聞
2016年4月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加