『中国の古橋 悠久の時を超えて』 榊晃弘著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の古橋

『中国の古橋』

著者
榊 晃弘 [著]
出版社
花乱社
ジャンル
芸術・生活/写真・工芸
ISBN
9784905327554
発売日
2016/03/05
価格
5,616円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『中国の古橋 悠久の時を超えて』 榊晃弘著

[レビュアー] 出口治明(ライフネット生命保険会長)

 中国の大地を旅していた頃、世界一美しいといわれる盧溝橋はもとより、北京・頤和園(いわえん)の十七孔橋、杭州の京杭大運河にかかる橋など古橋の美しさに刮目(かつもく)したことがよくあった。本書は、眼鏡橋のルーツを探ろうと考えた写真家が、欧州の石橋に次いで中国の古橋を求め4年にわたり5万6000キロを踏破して撮り続けた貴重な記録の中から、代表的な165ヶ所の古橋を厳選して編んだものだ。

 どの古橋も現役で、それぞれの地域の自然と風土にどっしりと根を下して市民の生活を支えていることがよく分かる。浙江省の木造廊橋(屋根付き橋)や全長3500メートルの石梁(せきりょう)橋(船曳(ひ)き橋)、各地の様々な石造アーチ橋、支柱なしで100メートルを超える四川省の吊(つ)り橋などスケールが大きく、多様性に富む中国の古橋を見ているとすぐにでも旅立ちたくなってしまう。実に魅惑的な写真集だ。

 花乱社 5200円

読売新聞
2016年4月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加