ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「前進あるのみ!!」【書店員レビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでもわたしは山に登る

『それでもわたしは山に登る』

著者
田部井 淳子 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784167905996
発売日
2016/04/08
価格
680円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「前進あるのみ!!」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

女性として世界初のエベレスト登頂、七大陸最高峰登頂、70か国以上の最高峰に登頂してきた登山家が語る「山と人生」について。突然のがん告知、手術、抗がん剤治療、その副作用…そういった状況の中「それでも」山に登り続ける。すごい…。この本の中で頻出するキーワードがある。「前進あるのみ」。万人が田部井さんのような前向き思考を持つことは難しいかもしれない。しかしながら、生きる事に対してこんな前向きな考え方もできるのか…と心を揺さぶられる。そんな気付きに出逢える一冊。以下、私個人的に心に残った文章を紹介させていただきます。

力尽きるまで自分のペースで楽しく突き進む。
これがわたしのやり方だ。
生きていることはやっぱり楽しい。歩くことが生きることだ。
目の前にある今を精一杯過ごすことが、わたしの歴史になってゆくのだと思う。(本文より)

トーハン e-hon
2016年4月20日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加