【児童書】『バンブルアーディ』モーリス・センダック作・さくまゆみこ訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンブルアーディ

『バンブルアーディ』

著者
モーリス・センダック [著、イラスト]/さくまゆみこ [訳]
出版社
偕成社
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784033286105
発売日
2016/04/12
価格
2,160円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『バンブルアーディ』モーリス・センダック作・さくまゆみこ訳

[レビュアー] 村島有紀

■初めて祝う誕生日で…

 一度も誕生日を祝ってもらったことのない子豚、バンブルアーディが主人公。8歳で両親を亡くし、やさしいおばに引き取られた。初めて祝う9歳の誕生日のちょっぴり羽目を外した一日が描かれる。

 冒頭には8歳までの境遇が示唆される。5歳の誕生日に「6月10日」の看板を掲げたものの両親は気づかない。「しらなかったんだね?」と自らを納得させる様子が痛々しい。

 『かいじゅうたちのいるところ』などの作者で、4年前に83歳で死去した20世紀を代表する絵本作家の最後の絵本。オリジナル作は30年ぶりだが、その絵はパワフルのひと言。誕生日に招いた仮装姿の“ともだち”と、どんちゃん騒ぎする様子が圧巻だ。ただ、雰囲気はちょっと不気味。ネグレクトされ、愛情を知らずに育った子供の目に、世の中はこんなふうに映るのだろうかと考えさせられる。

 6月10日は著者自身の誕生日でもある。一筋縄ではいかない子供の悩みや葛藤、不安を絵本に託した最後のメッセージをかみしめたい。(偕成社・2000円+税)

 村島有紀

産経新聞
2016年5月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加