ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「先生は寅さん。幸福論について学ぼう。」【書店員レビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『男はつらいよ』の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと

『『男はつらいよ』の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』

著者
名越 康文 [著]
出版社
日経BP
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784822251420
発売日
2016/02/20
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「先生は寅さん。幸福論について学ぼう。」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

「男はつらいよ」を精神科医的視点で冷静に分析する。と同時に、いち「男はつらいよ」ファン的視点で思い入れたっぷりに作品の素晴らしさに迫る。そして、そこから映画「男はつらいよ」の登場人物達が織り成す人間模様から、しあわせって何だろう、と、しみじみ考えてみる。そんな一冊。映画を観たことがない人でもこれを読めば「寅さん」の事をもっと知りたくなる!

四十にして惑い、五十にして運命を探し、六十にしてまた恋に落ちる。(帯より)…人間、誰しも孔子のような聖者ではないのですから。惑うてばかりのこんな生き方も、有りと言えば有りじゃないですか。ストレスフルで世知辛いの世の中。寅さんの生き方の良い面からも悪い面からも(?)学べる事がたくさん。そんな気付きをくれる「男はつらいよ」的幸福論です。

トーハン e-hon
2016年5月5日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加