ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「感涙の回想記!だけど…」【書店員レビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘタウマな愛

『ヘタウマな愛』

著者
蛭子 能収 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784101202969
発売日
2016/04/28
価格
432円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「感涙の回想記!だけど…」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

エビスさんが30年間連れ添った妻との別れを語る回想記。第一章「のぼせもんが一番泣いた夏」から第七章の「生まれ変わっても女房と一緒になりたい」まで。紹介文の通りの「感涙の回想記」です。ただし「文庫版あとがき」を読むと「あれ?」と流した涙がすぐ渇くかもしれません。「我が道を行く」蛭子さんらしいと言えば蛭子さんらしいです。夫婦のカタチ、愛のカタチ、幸せのカタチも人それぞれなのでしょう。

トーハン e-hon
2016年5月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加