ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「ギャンブル人生の哲学・人間学」【書店員レビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はこうして生きてきた ―NO GAMBLE,NO LIFE.

『僕はこうして生きてきた ―NO GAMBLE,NO LIFE.』

著者
蛭子能収 [著]
出版社
コスモの本
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784864850261
発売日
2016/03/10
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「ギャンブル人生の哲学・人間学」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

「ギャンブルは僕の人生そのものであり、ギャンブル場は僕にとって人生の学校そのもの」(本文より) 蛭子さんが自身の半生を振り返りながら、「蛭子流・ギャンブル人生の哲学・24か条」を語り尽します。「孤独な人間が最後は勝つ」「人生は身軽が一番」「世の中は甘いものだと思いなさい」「かっこつけてばかりいるといつか疲れて負ける」…等々。ギャンブルを通して体得した蛭子流・人生論。他人に合わせるのに疲れた、本当は自分の気持ちに正直になりたい…そう思っている貴女や貴方にお薦めしたい一書です。

トーハン e-hon
2016年5月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加