ブックセンターほんだ「たくさんの、大切にしたい言葉と出会えました」【書店員レビュー】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羊と鋼の森

『羊と鋼の森』

著者
宮下 奈都 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784163902944
発売日
2015/09/11
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターほんだ「たくさんの、大切にしたい言葉と出会えました」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターほんだ(書店員)

実家に置いたままにしてあるピアノに思いを馳せながら読みました。
何年も弾かれていないピアノは、今、どんな音を鳴らすのか。もし、調律してもらったら、どんな音を鳴らすようになるのか。
ピアノを弾かなくなって何年も経つと、思うように指が動きません。
どんなことでも共通して言えるものですが、続けること、コツコツと積み重ねることは、とても難しいです。
経験も技術もなく、自信もない。そんな時にできることは、ただ“やり続ける”だけなのかもしれません。
出会えたことで世界が変わる。
続けることで見つかる何かがある。
限界を感じてあきらめる。
あきらめることで新しい何かに出会える。
自分がどれに当てはまるか分かりませんが、自信をなくしたとき、不安になったとき、迷ったときに、この本を読み返そうと思いました。

トーハン e-hon
2016年5月18日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加