オカルトはマジョリティに対するカウンター

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今を生き抜くための70年代オカルト

『今を生き抜くための70年代オカルト』

著者
前田亮一 [著]
出版社
光文社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784334039028
発売日
2016/01/19
価格
886円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

オカルトはマジョリティに対するカウンター

[レビュアー] 図書新聞

 一九七〇年代は、UFOや超能力といったオカルトが市民権を獲得していた時代だった。七三年には「木曜スペシャル」が始まり、小松左京『日本沈没』、五島勉『ノストラダムスの第予言』という大ベストセラーが刊行された。そのブームを検証し、正体に迫った一冊。新書サイズだが、情報は満載。例えば「第三種接近遭遇」を語る上で欠かせないヒル夫妻誘拐事件について、「当時としては珍しい白人女性と黒人男性の夫婦であった」ということも記されており、また巻末の年表も簡にして要を得ている。著者はオカルトの役割について、エンターテインメントとしてのみならず、「世の中のマジョリティの考え方に抗うカウンターであり続けることもまた重要」と述べている。あなたの判断はいかに?(1・20刊、二六〇頁・本体八二〇円・光文社新書

図書新聞
2016年6月4日号(3257号) 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

図書新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加