三十年目の『陰陽師』【自著を語る】

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰陽師』のすべて

『『陰陽師』のすべて』

著者
夢枕 獏 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784167906283
発売日
2016/06/10
価格
778円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

三十年目の『陰陽師』【自著を語る】

[レビュアー] 夢枕獏(作家)

 前回「『陰陽師』のすべて」を出してから、もう四年が過ぎている。

 その時は六十一歳であったのだが、この文庫版が出版される今年、ぼくは六十五歳となってしまった。

 なんとも時間の過ぎるのは、はやいものだ。

 今回、文庫化するにあたって、この四年分やもっと前のあれこれが、プラスされることになって、より充実した内容になっているのが、ぼくにとってはありがたい。この頃、多くの記憶が曖昧になってきているので、自分の書いた『陰陽師』を読みなおして、アイデアの確認をしたり、あれこれ資料を捜したりせねばならない時が、しばしばあるのである。

 その資料として、この本が手元にあるということが、なんとも便利なのである。

『陰陽師』、まだしばらくは書いてゆけそうなので、もう十年ほどはおつきあいをよろしくお願いします。

 二〇一六年、春、桜の頃に

      ―――小田原にて

(「文庫版あとがき」より)

文藝春秋 本の話WEB
2016年6月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

文藝春秋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加