ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「粋に飲み、食べる、という事。」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼平先生流〔粋な酒飯術〕

『鬼平先生流〔粋な酒飯術〕』

著者
佐藤 隆介 [著]
出版社
小学館
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784094062885
発売日
2016/05/07
価格
659円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「粋に飲み、食べる、という事。」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

人は死ぬ。しかもそれが明日ではないという保証はない。だからきょうという一日が大事なのだ。毎日、そう思って飯を食え。毎日、そう思って酒を飲め。…とは池波正太郎の教え。池波正太郎の書生を10年務めた著者による食と旅をめぐるエッセイ。ちなみにワタクシ個人的には「食べる」事に関して特段コダワリはない。美味なるものを食したい、というよりは「今日もメシと酒が美味い」と心から感じられる心身の状態が日々保てればいい、というのが飲み食いに関しての何よりの望み。でも、この本を読んで、時には「粋に」飲み、「粋に」食べる…そんな事がしてみたい、とも思った次第。味わい深い食エッセイ。

トーハン e-hon
2016年6月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加