『謎のアジア納豆』 高野秀行著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

謎のアジア納豆

『謎のアジア納豆』

著者
高野 秀行 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103400714
発売日
2016/04/27
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『謎のアジア納豆』 高野秀行著

[レビュアー] 稲泉連(ノンフィクションライター)

日本は後発国だった?

 それは今から十四年前のことだったという。ミャンマーはカチン州のジャングルを旅していたとき、著者の高野秀行さんは訪ねた民家で馴染(なじ)み深いものを振る舞われた。白いご飯に生卵、そして、あの糸引く納豆である。

 思わぬ出合いに夢中になって納豆卵かけご飯をかきこみ、それから彼は思うのだ。なぜこんなところに納豆があるのだろう――と。

 本書はそれから十年以上の歳月が流れ、当時は探検の些細(ささい)なエピソードに過ぎなかったその疑問の種が、時の成熟とともに大樹の如(ごと)きテーマへ成長したルポルタージュだ。

 「我らは納豆に選ばれし民」という表現が出てくる。なるほど、多くの日本人は自分たちこそが納豆の正史を継いでいると思っているかもしれないが、本当にそうだろうか? チェンマイにあったせんべい納豆、チェントゥンの「納豆村」で見つけた味噌(みそ)納豆、ブータンで食べた酸味納豆……。著者はアジア各地で数多(あまた)の納豆文化に触れるうち、従来の“納豆観”を覆される。そうしてたどり着くのが、日本は納豆後進国なのではないか、という恐るべき問いだった。

 納豆とは何か、それはどこから来たのか。自身も納豆づくりに手を染めつつ、探求はアジアから日本へ、そして日本から再びアジアへ。謎が謎を呼ぶ奥行きの深さに、繰り返し驚かされる。また、自らの土地の納豆について語るとき、何故(なぜ)か誰もが饒舌(じょうぜつ)になる様子に笑みがこぼれた。納豆民族の手前味噌ならぬ「手前納豆意識」を浮き彫りにしながら、納豆をめぐる冒険はどこまでも続いていくのだった。

 その中で本書が知らしめるのは、食を語ることが土地の歴史を語ることであり、その徹底した比較が自分たちの文化の新しい一面を浮かび上がらせること。アジア納豆との対比が日本納豆の真の姿を照らすのである。読後、世界はこれほどまでに多様で、故に好奇心や探求心は貴いのだ、という思いを抱いた。

 ◇たかの・ひでゆき=1966年、東京生まれ。ノンフィクション作家。著書に『謎の独立国家ソマリランド』など。

 新潮社 1800円

読売新聞
2016年6月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加