【今週の労務書】『小さな会社でもできた! 残業ゼロの労務管理』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【今週の労務書】『小さな会社でもできた! 残業ゼロの労務管理』

[レビュアー] 労働新聞社

生産性のアップを実現

 本書は、企業の残業削減を支援してきた特定社会保険労務士と、試行錯誤しながら1年をかけて残業を劇的に減らした小さな企業の経営者による共著。書名にある「残業ゼロ」をめざすといっても、残業代の削減をめざすものではなく、生産性をアップさせて長時間労働を撲滅し、最終的には従業員の賃金アップにつなげるのが、本書が提案する残業削減施策の特長だ。

 従業員に退社時刻を毎朝宣言してもらい、1週間単位で実績を管理する手法を推奨。残業した原因を分析し、翌週の改善策を立案することで、残業の原因を段階的に取り除いていく。

 時間はかかるが着実に成果を上げるためのヒントが詰まった1冊。

(望月建吾、木村純一著、レクシスネクシス・ジャパン刊、電話03-5561-3551、2400円+税)

労働新聞
平成28年6月20日第3069号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加