『ファストファッションはなぜ安い?』 伊藤和子著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファストファッションはなぜ安い?

『ファストファッションはなぜ安い?』

著者
伊藤 和子 [著]
出版社
コモンズ
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784861871269
発売日
2016/04/21
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『ファストファッションはなぜ安い?』 伊藤和子著

[レビュアー] 長島有里枝(写真家)

 ファストファッションとはファストフードにかけた造語で、流行を取り入れた低価格の服やそのブランドを指す。ファッションの世界はトレンドの変遷が早く、ワンシーズンしか「着られない」服はできるだけ安く買うのが「賢い」とされている。でも、それらがアジア諸国の貧しい人々、とりわけ女性や子供に過酷な労働を強いた結果、手に入るものだとしたら。そんな問題提起を行うのが本書だ。

 国内外の人権NGO団体が協力し、欧米や日本のアパレル企業が業務委託する、中国とカンボジアの縫製工場に潜入調査する。そこで得たデータからは、工場の人件費や設備費を削減することで、企業が利益を得る仕組みが見えてくる。低すぎる賃金が長時間労働につながり、それでも暮らせないと売春に手を染める女性もいる。誰かの不幸の上に成り立つ先進国の暮らしは、豊かと言えるだろうか。

 不景気の続く日本にも、安価な衣料品しか買えない現実がある。それでも消費者が関心を持ち、企業がサプライヤーと適切な取引をするよう要求することで、アジアの人々の暮らしを守ることができる。(コモンズ、1500円)

読売新聞
2016年6月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

読売新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加