ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「梅雨の季節に心の空が晴れる一冊」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老いも病も受け入れよう

『老いも病も受け入れよう』

著者
瀬戸内 寂聴 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784103112266
発売日
2016/05/31
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)「梅雨の季節に心の空が晴れる一冊」【書店員レビュー】

[レビュアー] ブックセンターササエ(佐々栄文盛堂)(書店員)

94歳、はじめての闘病記…とは帯の紹介文より。瀬戸内寂聴さんというと、私感ですが、悟った人、あらゆるものを超越した慈母…みたいなとにかく「すごい人」というイメージがあります。しかしながら、本書での寂聴さんは病に苦しみ、痛みに泣きそうになり、神も仏もないと嘆き、鬱に負けそうになり…というように私達僕達が日頃悩んでいるのと同じような心情を綴っています。そういった諸々を経ての「老いに挑戦し、病に負けない」生き方についてユーモアを交えて語ってくれます。 明日は晴れるかもしれない…梅雨の季節ですが、心の空は晴れ渡るような…そんな清々しい読後感が残る一冊。

トーハン e-hon
2016年6月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加