『「暗黒・中国」からの脱出』顔伯鈞著、安田峰俊訳

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄

『「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄』

著者
安田 峰俊 [訳]/顔 伯鈞 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784166610839
発売日
2016/06/20
価格
842円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『「暗黒・中国」からの脱出』顔伯鈞著、安田峰俊訳

[レビュアー] 産経新聞社

 反体制運動に身を投じたエリートに当局の弾圧が始まる。追っ手から免れるため、香港、チベット、ミャンマー国境と2万キロの距離を逃げ続ける。そして脱出先の東南アジアにも追っ手が…

 これは三文小説ではなく、中国人である著者自身の身に起きた事実。本書はその2年間の道程の実録だ。北京に妻子を残し、各地の支援者に支えられながら、バスを乗り継ぎ、雪山を越えて逃げ続ける生活が活写されている。

 習近平政権の人権派への追及はかくも執拗(しつよう)なのかと驚かされる。筆者は現在も国外潜伏中。日本の“隣人”の本性が垣間見える一冊だ。(文春新書・780円+税)

産経新聞
2016年7月10日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加