在野学の冒険 [編]礫川全次

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在野学の冒険 [編]礫川全次

[レビュアー] 週刊新潮

 大学など研究機関に所属せず、「在野」にあって自らのテーマを探究する人たちがいる。その思想が在野そのものだった柳田國男。吉本隆明の在野的精神。また、山本義隆は近代科学の始まりを、在野の職人たちの記録だとする。独学から在野学へのギアチェンジの書だ。

新潮社 週刊新潮
2016年7月14日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加