私の消滅 中村文則 著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の消滅

『私の消滅』

著者
中村 文則 [著]
出版社
文藝春秋
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784163904719
発売日
2016/06/18
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

私の消滅 中村文則 著

[レビュアー] 横尾和博(文芸評論家)

◆記憶や脳は誰のもの

 著者特有の鋭敏な感性に溢(あふ)れた小説である。読後、デカルトの「我思う、ゆえに我あり」を思い出した。「私とは誰か」は哲学や文学の長年の命題であり、これからも続く問いだ。物語は複雑な構成のミステリー仕立てで読者を引きずり込んでいく。しかし話はシンプルで、心療内科医の男が患者の女性に惹(ひ)かれた恋愛譚(たん)。女性は暴力的な体験から心を病み、自傷行為にも走ったことがある。その女性をめぐる周囲の人間たちの悪意やエゴが、複雑怪奇な展開をよぶ。

 キーワードは洗脳、そして記憶の消去と書き換えである。詳述は避けるが、潜在意識に働きかける「パブロフの犬」「サブリミナル効果」という言葉も登場する。著者の長年のテーマである「悪」もしっかりと埋め込まれ、人間とは何か、を考えさせられる。

 私たちは確固たる「私」の存在を疑うことなく、他者や世界との関係性ばかりを論じてきた。しかしその「私」の記憶や脳が果たして自身のものか、他者の記憶を埋められているのではないか、その真贋(しんがん)を確かめる術(すべ)はあるのか、など揺らぎが次々と湧いてくる。

 著者は思考力を奪うインターネットが世に溢れ、人工知能が未来を席捲(せっけん)するかに見える状況下で、これまで切り開いてきた哲学的思考をさらに一歩進めた。そのチャレンジ精神に脱帽である。
 (文芸春秋・1404円)

 <なかむら・ふみのり> 1977年生まれ。作家。著書『掏摸(スリ)』『教団X』など。

◆もう1冊 

 中村文則著『銃』(河出文庫)。銃の美しさと存在感に惹(ひ)かれた大学生の男を描くデビュー作など二篇を収録。

中日新聞 東京新聞
2016年7月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

中日新聞 東京新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加