『人間万事嘘ばっかり』山田風太郎著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間万事嘘ばっかり

『人間万事嘘ばっかり』

著者
山田 風太郎 [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784480433732
発売日
2016/07/06
価格
1,080円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『人間万事嘘ばっかり』山田風太郎著

[レビュアー] 産経新聞社

 伝奇小説『魔界転生』や数々の明治小説で知られる著者が世相を眺めながら、あちこちに書いた雑文をまとめた一冊。いずれも飄々(ひょうひょう)とした筆致でつづられているが、味わい深く辛辣(しんらつ)である。著者の透徹した人間観が存分に楽しめる。

 たとえば禁煙ファシズムを嘆いた「けむたい話」。愛煙家の著者は最後っぺのようにこうつづる。《タバコを禁じて肺ガンが減少すると、この世はみるみるぼけ老人で充満するようになるぞ、この地球上に、いままでどころじゃない、救いようのない地獄がはじまるぞ》と。これは平成元年に日本経済新聞に書いたものだ。(ちくま文庫・1000円+税)

産経新聞
2016年7月24日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加