高村書店「意外と知られていない日本が誇る偉人」【書店員レビュー】

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田中舘愛橘ものがたりーひ孫が語る「日本物理学の祖」ー

『田中舘愛橘ものがたりーひ孫が語る「日本物理学の祖」ー』

著者
松浦 明 [著]
出版社
銀の鈴社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784877865474
発売日
2016/05/27
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

高村書店「意外と知られていない日本が誇る偉人」【書店員レビュー】

[レビュアー] 高村書店(書店員)

生誕160年を記念して出版された「日本物理学の祖 田中舘愛橘」氏の人生と功績をまとめた1冊。著者の松浦明さんというのは田中舘愛橘博士のひ孫にあたる方で田中舘博士研究の第一人者でもある方。故に博士の功績はもちろん、プライベートな逸話や資料もお持ちで、まさに博士を語りつぐにふさわしい方である。

この本は意外と知られていないローマ字の普及や物理学者としての田中館博士の功績はもちろん、愛嬌のある人物像について紹介される彼の人生について博士の人間性にも迫っている。

読みやすい文体で書かれているため、小学生の高学年ぐらいからでも読めます。夏休み中に親子で読書するのにオススメ!

トーハン e-hon
2016年7月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

トーハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加