日本の隠れた制度「元老」、その誕生から衰退まで

レビュー

12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元老 : 近代日本の真の指導者たち

『元老 : 近代日本の真の指導者たち』

著者
伊藤 之雄 [著]
出版社
中央公論新社
ISBN
9784121023797
価格
950円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

日本の隠れた制度「元老」、その誕生から衰退まで

[レビュアー] 楠木建(一橋大学教授)

 明治憲法下の首相選定は公選ではなかった。条文上は天皇が首相を選定し任命する形式になっていたが、これでは近代国家として無理がある。

 そこで「隠れた制度」として生まれたのが元老という非公式的な組織だった。内閣が危機に陥ったり、重大な政治局面になったりすると、元老と呼ばれた人々が天皇から下問を受け、後継首相を選定した。元老は明治日本の政治の根本を左右する存在だった。

 伊藤之雄『元老』は、この隠れた制度の誕生から成熟、衰退までを詳細に記述し、その背後にある政治のダイナミクスを明らかにする。近代国家として青春期にあった日本の一側面を見事に切り取って見せてくれる。

 明治維新とその後の近代国家の建設は、文字通りの大事業だった。しかも時代は帝国主義。政治はとんでもない不確実性と困難に直面していた。試行錯誤の中で即座に意思決定を進めなければならない。それに対する現実的な解が元老制度だった。

 もちろん民主主義的ではない。しかし、元老という裏技がなければ、明治日本の建設はありえなかった。伊藤博文、山県有朋をはじめとする元老の個性と胆力、覚悟と気概は今の政治家とは次元が違う。踏んできた修羅場が違う。指導者が時代の産物であることを痛感する。

 軽量級の新書が次々と刊行される昨今にあって、「昭和の新書」の王道をいく本格派の一冊だ。

新潮社 週刊新潮
2016年8月4日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加